風水 トイレ 鬼門 対策

風水トイレの鬼門対策に『金運の泉』

家の真ん中にトイレ

最近の住宅では家の真ん中にトイレがあるという配置は少なくなってきました。
しかしマンションや集合住宅の場合、配管上の関係から家の真ん中にトイレを配置していることもあります。

 

風水や家相上からいうと家の真ん中にトイレがあるのは良くないとされてきました。
まず鬼門線の真ん中に位置してしまうという理由があります。
鬼門線は北東、南西を結んだ線のことですが、真ん中にあるということはどちらの方角でもこの鬼門線の上に位置してしまうのです。
トイレは昔から不浄なものとして扱われてきたので鬼門にあることによって更に凶の気を引き込んでしまいます。

 

それから昔のトイレというのは汲み取り式になっていました。
出したものがそのまま家の下にあるというイメージになるので臭いがこもってしまったり、不潔な空気が家中に蔓延してしまうのです。
そういった理由からも家の真ん中にトイレがあるというのはいけないことだとされてきました。

 

配置上、どうしても家の真ん中にトイレを置く場合にはなるべく換気を怠らないようにしましょう。
そして清潔に保つことが大切です。
便器の中だけでなくその周りも毎日水拭きしましょう。
それから明るい色の壁紙に換えたり花を置いたりするのも効果的です。

 

湿気がこもりやすいので湿度には十分に気をつけるようにします。
放っておくとカビが生えてしまうからです。
家の真ん中にあってもトイレに窓がついていればそれだけで新鮮な空気を取り入れられるので効果的です。

 

≫≫トイレから金運を上げる方法

風水とトイレの場所

風水におけるトイレというのは家相とは違い、トイレそのものに対して行なわれます。
トイレは水に関係する場所なので家族の健康運に関連する場所と考えられているのです。

 

そのため、トイレをキレイにすることによって家族が健康的になれたり、反対に不潔にすることで精神面や身体面に悪影響を及ぼすといわれています。
まずトイレの場所ですがなるべく北には配置しないようにしましょう。
北は水の気を持つ方位で冷え込む空気を取り入れてしまうからです。
北に配置されている場合にはなるべく暖色系のインテリアで整えると冷え対策ができます。

 

それ以外の方角であればインテリアの仕方によって更に健康運のアップに繋げることができます。
まず、基本項目としてはトイレのふたは閉じておくこと、トイレ専用のマット、スリッパを用意すること、観葉植物を置くことがあります。
トイレのふたは開けておくと陰の気が漂ってしまうので閉じておくようにします。
それから水の気というのは下にこもる気質を持っているので、マットで中和します。
スリッパを換えるのはトイレの気を他の部屋に持ち込まないためです。

 

観葉植物については生きている植物の気によって水を中和させるためです。
植物の緑でインテリアも統一すれば更に運気がアップします。

 

消臭剤を置いて陰の空気を緩和させたり、フォトフレームをS字に置くことで陰気を払うこともできます。

 

モノトーンや原色、アニマル柄などは空気を乱す柄や色となっているので置かないように注意しましょう。

 

≫≫トイレから金運を上げる方法