家相 トイレ

風水トイレの鬼門対策に『金運の泉』

家相とトイレ

家相の影響が出始めるのは住んでみてからということになります。
家相的に見て良くない状態であっても住んだその日には何の影響もないのです。
しかし毎日少しずつ徐々に影響が出始めるといえます。
それを避けるためにも家を設計している段階で家相を取り入れておくと良いのです。

 

家相におけるトイレの位置というのは最も重要だといえます。
トイレは昔から不浄な場所と考えられていて、家相では鬼門の位置に設置するのは良くないといわれてきたのです。
それは以前のトイレというのは汲み取り式で臭いが部屋中に蔓延してしまったり、不潔な状態だったからです。
今のトイレは水洗になっていますし、それほど気になることはありません。

 

また、最近は一つの家に2つトイレがある家も珍しくなくなってきました。
1階と2階に1つずつトイレを設けるのです。
階下との位置関係をしっかりと把握しておかないと配管問題が生じてくるのでここでも家相が適用されます。
基本的には北東の鬼門、南西の裏鬼門、これを結んだ鬼門線上を避けるとどこでも良いということになります。
後は換気が十分にできるか、配管や水の問題が解決できるかという点が問題になります。

 

避けた方が良い間取りとしては玄関の真上にトイレが配置されているような場合です。
これは排水の関係上からも運気の関係上からも良くないので、家相以前の問題だといえます。
また、玄関からトイレが見えるような位置関係にあるのも家相上あまり良くないので変更できるのであれば変更した方がよいでしょう。

 

≫≫トイレで金運を上げる方法