鬼門

風水トイレの鬼門対策に『金運の泉』

鬼門とは

私たちの世界には鬼門と呼ばれる場所があります。
神々の通り道であるため神聖な場所にあたり、鬼門の扱いによっては運が逃げるとも言われています。

 

しかし、よく理解せずなんとなく畏怖したり、怖がったりすることはありませんか?
鬼門のことを、少し学ぶだけで解消できますので、まずはさわりだけでも理解してください。

 

鬼門の方位と考え方

 

基本的に鬼門には裏と表があり、表鬼門は北東、裏鬼門は南西の方角になります。
それを結んだ線のことを鬼門線と呼び、この線上には開口部を設けないことが家相における常識となっています。
これから家を建てる人やリフォームを考えている方は鬼門のことをしっかりと知っておく必要があるでしょう。

 

鬼門がこの方角になったのには古代中国史が関係しています。
北東にも南西にも外敵が存在しており、特に南西からは強い偏西風も吹いていました。
昔の中国では家屋には出入り口は一つしかなく、そのため南西から偏西風が吹き込むと室内で竜巻が起こっていたということなのです。

 

このように鬼門は北東の外敵と南西の偏西風を指していて、どちらも侵入しないように開口部を設けないという風にしているのです。
また、鬼門にトイレや水周りを設けないことも家相では常識になっています。
これも外敵、偏西風が関係していて、鬼門にトイレを設けることは外敵に侵入をたやすくしてしまいますし、
強風に煽られながら用を足すことになるのであまり良いとされていません。

 

鬼門は基本的に中国の歴史に関わるものですが、それを日本に持ち込んだのは聖徳太子だといわれています。
日本では当時鬼道を使って民衆を従わせようとしていましたが、聖徳太子によって鬼門が持ち込まれたため、それに従った考えが広まっていったのです。

 

日本における鬼門の考え方

 

日本において鬼門は独特な考え方にかわってきました。
それがこのサイトの最初に述べさせていただいている通りです。
トップページへ ⇒ 風水 トイレが鬼門

 

それほど怖がる必要がないと言っても、悪いと聞いて大丈夫ですと言われたところで気分がいいわけではありませんよね。
そういった気分転換にご紹介しているのが、風水開運グッズになります。
風水の効果があるように作成されていますが、気持ちの問題が大きいのは確かです。
それでも飾って安心できるのであれば、飾ってみるのもいいのではないでしょうか。

 

 

≫≫鬼門のトイレで金運を上げる方法